当たり前ですが自動車の売却価格

-

-

自動車の査定額をできるだけ上げるのに、、自分の車を売る時期タイミングも影響があります。

あなたの自家用車をちょっとでも損をすることなく乗り換えることを思いめぐらせれば、いくつかのタイミングがあるんです。

中古車の見積査定ポイントとして重要視されるところに走行距離が挙げられます。

多くの場合走行距離は、その車の寿命と見られることもありますので、その車の走行距離が長いだけ、見積もりにはマイナス要因になるでしょう。

走行距離が100キロと7万キロでは当たり前ですが自動車の売却価格は相違があります。

基本的には走行距離は短いほうが自動車の買取額は高値になりますが実際のところあまり詳しい目安はなく決まったベースラインで査定が行われます。

例えば普通車ですと年間標準走行距離1万kmが基準としてこの線を超えて走っていると一般的にマイナス査定の要因になります。

軽自動車ですと、年間標準走行距離が8000キロがまた年数の割には走行距離が非常に少ないとしても査定金額が高額になるとも一概には言えません。

普通は年式と走行距離での査定の要点は年数と比べて程よい走行距離かどうかというところです。

愛車もそうです。

さらに自動車の経過年数も、車見積査定の小さくないポイントになります。

しっかりとわかっているという方がたくさんいると考えていますが、基本的には年式に関しては新しい方が査定では有利なのですが例外的にその年式に特別な価値がある車は昔の年式の車でも高く査定してもらえることもあるのです。

次に車検も重要です。

もちろん車検をするにはお金がかかりますから車検までの残月数が残っているほど査定額は高くなると思えると思いますがそれは誤りで、車検の前でも後でも車の売却額査定にはほとんど関係がありません。

日本の車、低公害ディーゼルエンジン搭載車、車検切れの車、というような中古車のコンディションなども査定に相関性してきます。

車検に出す前は売り時としてもタイミングがいいと考えることができます。

つまり査定を高額にするために、車検の後に売却額査定してもらおうというのはナンセンスで意味がないということです。

その他に専門業者に自家用車の査定を依頼し、売る時期としては2月と8月はチャンスです。

なぜなら車買取業者の期末がその前の3月と9月というところが結構多いからです。

そのため例えば1月に売ろうと考えたとしたら少し待って2月に中古車の売却額査定をしてもらって引き取ってもらうのも手です。

所有者事情もあるので、皆が皆このような時期に売却するわけにもいかないかもしれませんが、できるならそうした時期を狙ってみると都合がいいかもしれません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.