www.being-cast.com

-

-

自己破産手続きで借金にあたってほかに保証人がいるときには事前にきちんと相談しておいたほうがいいでしょう。もう一度、強調しておきますが債務に保証人がいるときは、破産前に前もって考えるべきです。なぜならばもし破産して免除がおりると、保証人がその義務をすべて支払う義務があるからです。だから、破産以前に保証人になってくれた人に、それらの詳細や今の状態を説明して、お詫びの一つもなくてはなりません。そういったことは保証人になるひとの立場から見ると当然必要なことです。あなたが破産申告することによって、とたんに支払い義務が生じるのですから。そうなるとすれば、以降の保証人になってくれた人の行動の方法は次に示す4つです。一つめは、保証人である人が「いっさいを払う」というものです。保証人がすぐに何百万ものお金を問題なく返金できるカネを持っていればこの手段が選択できます。ただむしろ、自分で破産せずに保証人に立て替えてもらって、今後は保証人となる人に毎月返済をしていくという解決策もあると思われます。保証人が親しい関係にあるのならば期日を長くしてもらうこともできないこともないかもしれません。いっぽうで合わせて弁済できない場合でも業者も分割による支払いに応じることもあります。あなたの保証人にも破産宣告を行われてしまうと借金がすべて戻らないことになるからです。保証してくれる人が保証した返済額をあなたに代わり負う財産がない場合はお金を借りたあなたと同じく何らかの方法による借金を整理することを選ばなければなりません。2つめは「任意整理」による処理です。これは貸方と示談することによって、おおよそ5年弱の年月で返済する形を取ります。実際に弁護士事務所にお願いする場合のかかる費用は債務1件ごとに4万円ほど。もし7か所からのローンがある場合約28万円必要になります。貸方との交渉は自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんがこの分野の知識のない方の場合相手側が自分に有利な案を押してくるので、気を付けなければなりません。それに、任意整理をする場合も保証人となる人に借金を代わりに払ってもらうことになるのですからあなたはたとえちょっとずつでもその保証人に返済していく義務があるでしょう。さらに3つめはあなたの保証人も借金した人とともに「破産申告する」ことです。保証人となる人も債権者と同じように自己破産を申し立てれば、保証人となる人の借金も消えてしまいます。ただ、その保証人が有価証券等を所有している場合は価値のある個人資産を没収されますし、司法書士等の職についている場合などは影響があります。そういった場合は、個人再生という処理を検討するといいでしょう。最後の方法の4つめの方法としては「個人再生による手続きを取る」方法があります。不動産を残して負債の整理を希望する場合や、自己破産では影響が出るお仕事に従事している方に有効なのが個人再生です。この手段なら自宅は手元に残りますし、破産のような職業の制限資格制限が何もありません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.