とりわけ国内使用のみなら

-

-

契約店舗で全てのクレカが使えるのでもない:クレカの契約店は大抵多くのクレカに加盟していますが、ちょっと不便ですがどれもの加盟店でどれもの運営会社のクレジットカードが切れるわけじゃありません。

昔ながらの商店の場合はJCBの印の入っているクレジットカードしか使用できない場合もありますし、今日日のショップの場合VISA、MasterCardの印のカードしか使用できないときもあるものです。

銀聯カードに類するカード会社の場合、さらに切れない場面が増えるのではないでしょうか。

何の印の所有カードが使えるかをいかなる方法で判断したらいいものか「ならばどうやって何のカードが使用可能かというのを見分けるといいか?」といっても正しく判断するには店舗の従業員に問い合わせてみるのみ、ていうのが正直なところ正しい回答です。

でも多くの店やホテルには店舗前の入口のところなどに使用可能なクレジットカードの印が入っている認証マークが掲載されているため「あああそこのショップはアメックスが使えるんだ」という感じに一目でわかるようにされてるので頭に入れておいてください。

反対に、十分に管理が出来ていない店舗の場合には、ロゴマークが掲載されている店舗でも「現在では××クレジットカードはご使用になれません」なんて答えを受けるなんてこともないわけでもなく、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

やっぱりできる限り全部の加入店でクレジットカードが決済できるようにするためにも、別の種類のマーク(国外ロゴ)がはいった一般的なビザカードマスターカードダイナーズアメリカンエキスプレスカード、といったクレカを2枚以上財布に入れておくようにするようお勧めします。

(例として:ライフカードをいつも使っているなら他方はアメリカンエキスプレスカード付属のクレカを持つほか)。

とりわけ国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBの3つのマークが書かれているクレジットカードをそれぞれ持っておけば、間違いなくすべての加入店で少なくとも1枚のクレジットカードを切るよう準備万端というわけです。

クレジットカードを使いこなして有効にポイント取得を目指すならば言うまでもないが別々のカードを使えるようにしておいて損はないと思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.