公的資格と民間資格というもの

-

-

資格には、公のところで認められた資格と、民間の資格とかあります。

それこそ、以前、書道にも公的資格が存在することを知らない学習塾の先生が、書道なんてちゃんとした資格が 無いのに教えているようなことを言われ絶句したことがあります。

この国には高校に芸術科と言うのがあり、音楽、美術、書道、の3つがあることは、芸術科の教諭免許をもっている 人ならだれでも知っています。

お習字の先生と、段級システムを経たのちの師範免許の印象があるのでしょうが、 書道は、文明国家に欠かせない文字に関する重要な役割を持っています。

資格としては、公な資格も、民間の資格もあると言うことです。

私はこの両方を持っていますし、カラーの晩強をする時には、また、この2つを意識することになったのです。

資格として有利なのは、と言う書き方をされている物があり、民間だからどうこうと言いきれません。

即戦力になれるのが最も望ましいのですが、資格をとったらすぐに活躍できるわけでなく、とったら、そこからが 勉強です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.