www.being-cast.com

-

-

自動車を所有するあなたであればご存知だとは思いますが、自動車税が課税されます。それでこれは自動車の買取時に戻ってくるものなのです。こういったことは実行してみると直ぐに頭に入ってきますがそれでは一つずつ順を追って詳細に説明します。事前に記載するならば、国内で生産された車のみに限らず海外の車などでも還付される対象になってきます。当然ですが車などもそうですね。クルマを持っている人が払わなければいけないものなのですが、これは自動車の排気量の大きさによって決められています。1リッター以下なら29500円、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円になります。これ以上は500ccずつ5000円ずつ増えていきます。それからこれは4月1日時点で車を保有している人がその年度のお金を支払う義務があります。ということは前払いになるということですから、もちろん自動車を手放して所有権がなくなった際は先払いした分の税は戻ってくるんです。税の場合は前払いで年度内の金額を支払いますので一年以内に自動車を売却した際は、買い取った保有者がこの税を納めなければいけないということです。売却相手が専門店であれば、買い取り時にあなたが払いすぎた税金を返してくれます。まとめると、所有権が移った日以後の税は、新しい保有者が納税義務を負います。例えば10月に自動車を買い取ってもらったのであれば11月から次の年の3月までの税金は還ってくるのです。というのも前述した通り自動車税というのは先払いであるという事実から来ています。まとめると、売却者は売却相手に税金を返してもらうということです。個人で車を売却する際に、何気にこうしたことを忘れている方が見受けられるのできっちり確かめるようにすることです。自動車税という税金は車を手放すと返金されるという知識を意外と知っている人がいない事をいいことに、その事実を言わない悪徳業者もあるのです。こちらから自動車税の返金について言わなければ全く自動車税のことについて触れないというケースも頻繁に見られます。ですから自動車の買取をするさいには、自動車税が返還されるのかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.