もし妨げになった物が他人の自動車の妨げとなっている時には

-

-

予期せず、いきなり遭遇してしまうのが自動車事故です。

その状況でどんな風に判断する結果により、車の保険料の支払額もかなり違ってくることも予想できますので冷静な判断と対処が大切です。

予期せぬ場面に出会って動揺してしまったら大切な事を見過ごしてしまい、自らがかなりの損をするケースもありますので自動車の事故に遭遇してしまった状況では冷静に次に記述した処理を行いましょう。

自動車の事故をした場合に最も初めにする事は怪我人がいるかどうかのかを確認する必要があります。

乗用車の事故の後は頭が混乱してぼうぜん自失となってしまう時があり直ちに対処できないのが当たり前です。

ですので、怪我人がいた場合には危険が少ない場所に動いて応急処置をし119番通報するなどを行い負傷者最優先に努めることが大切です。

119番通報する場面では正しい事故があった場所を告げて、分からない場面では周囲の目を引く建物や場所名を知らせて事故が発生した地点が判断できるようにします。

その後警察に連絡して車の事故を起こしてしまった事と現在の状況を説明します。

救急車と警察が来るのを待っている内に相手の内容を確認します。

姓名、住んでいるところ、TEL番免許ナンバープレート、事故の相手の自動車保険会社名という各々の情報を言います。

相手に原因がある時には、そこでやり取りしようとする場面が考えられますが即刻片付けるのではなく、どの場合だったにせよ110番や自動車の保険会社通報して、正確にジャッジしてもらうことが重要です。

互いの身元を伝えたら車の障害になるのを避けるために邪魔な物を道の上から取り除きます。

もし妨げになった物が他人の自動車の妨げとなっている時には、情報を交換するより早くこれを行うことは問題はないです。

そしてあなたの加盟している自動車保険会社に電話をし、車での事故があった旨を連絡します。

事故から特定の時間内に自動車保険会社に報告していないと、交通事故の保険の適用除外となるケースもあるので気がついたらすぐに電話を入れることが大切です。

出来るのならば事故現場の手がかりとして手持ちのカメラや携帯電話のカメラなどを使って状況や自動車の破損の状態を見ることができる写真を撮影しておきます。

これは過失割合を決める時に大きな証明となるので、自分自身の自動車や相手方の乗用車の破損状態をちゃんと証拠に残しておくことが重要です。

この場面で見た人がいたとしたらおまわりさんや保険会社の人が着くまで事故現場に待って頂けるように呼びかけることも必要不可欠です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.