なので手元のクレジットカード利用明細

-

-

カードを使用しているとカード会社から利用代金明細が送付されます。

明細書にはどの場所でいつ頃何にクレカで何円費やしたのかについての詳細が見やすい表になっているためこれまで使った購入履歴を一目するに非常にたやすく便利です。

これだけで運用するにはなかなかきびしいに違いませんが、家計簿のようなものにすることもいいアイディアだし、管理の助けにもなると思います。

且つこのクレカ利用明細郵送されてからだいたい半月ほどでカード代金の振り込みが行われるわけです。

なので手元のクレジットカード利用明細を見てみて、思わず身に覚えのない支払い例えばもし行ったこともない国が表の中にあれば指定窓口に電話をかけて確認すれば良いんです。

万が一カード詐欺をはじめとするあなた以外の人の利用が発覚したようであっても使用者に何か理由(落ち度)がない場合は、大方の状況は加入カード会社がそうした項目をリストからはずしてくれます。

今時は利用明細をインターネット上で確認できるブランドが普通になっています。

どのお店でどういったものを購入したかを注意しておくことでカード犯罪を未然に防ぐのはもちろんのことおこづかい帳の代わりとなり家計管理などもこれだけでできます(パソコン画面でクレジットカードの履歴を確認OKなカード会社は昔の来月以降の請求額など見ることができるようになっています)。

カードは上記の点でも大変助けになる武器と言えるでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.