日本の車でも輸入車など自動車の国やハッチバック

-

-

自動車重量税、略して重量税という税金は、日本の車でも輸入車など自動車の国やハッチバック、セダンという自動車のタイプも関係なくマツダやクライスラー、等にも掛かってくるものなんです。

新車登録をする場合もしくは車検に出す場合に支払いが発生する税です。

その額はそれぞれの自動車の大きさにより決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なるものですから基礎を学んで勘違いしないようにしなければなりません。

「自動車重量税という税金は重量によって」「自動車税というものは自動車のリッター数毎に」税額が違います。

買取する場合の扱われ方違ってきますし注意しましょう。

車を買い取ってもらうときには既に支払った車の金額がどれだけあってもその税金が戻ってくることはないのです。

一方、自動車税であれば、支払った残存税額を買取額に乗せてくれるといった事例がなくはないですが、重量税の場合は足されるといった事例は全然ありません。

重量税は車の処分時に既に支払った税額があるからと言って車買い取り専門業者側でその事実が忖度されることは少ないと思います。

ですのでその次の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで売らずに待ってから買い取りを依頼するというのが無駄がないでしょう。

車の買取時は還付の対象にならない重量税ですが、特別な事例では還付していただけることがあります。

この事例というのは車検期間が残っている自動車を廃車にしてしまう際です。

要は、廃車申請をすれば、残っている車検期間に応じた税金が還付されます。

ただ売却の際はそのクルマが廃車されるのとは異なり返金されません。

それに所有車の名義変更をしてしまった時や盗難にあった場合も返金してもらうことはできません。

重量税の残っている期間がある自動車を売るというのは、要は車検が残っているクルマです。

それを買取店も計算に入れますので自動車重量税が残っていれば、少しは買取金額はあがると思います。

もちろん買取額は買取業者によってまちまちなのですが、車検期間がまだある事実が忖度されれば、愛車の売却額からみるとそんなに払い損と考えることもありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.