採血の看護師による違い

-

-

何度も採血を受けたことがあります。

医師が採血をすることがまれにありますが、多くの場合看護師が行います。

看護師によって採血の仕方、上手い下手があります。

看護師の求人はコチラ看護師 求人情報サイトランキングに助けられました。

採血をする時は太い血管を選んで採血針を刺します。

私は血管が細いのでなかなか血管が見つからないようです。

上腕にゴムチューブをきつくまいて血管を圧迫されました。

このゴムチューブのきつさが看護師によって違います。

豪快な性格の人は思いっきりきつく、優しいタイプの人は痛くないように考えてゴムをまきます。

気になる情報は⇒護師求人ランキングにお任せ。

血管が見つかったらアルコール消毒をします。

ここでも看護師によって違いがあります。

ゴシゴシとアルコールをしみこませたコットンを腕にこすりつける人もいれば、軽くなでる程度の人もいます。

採血が上手な看護師は、ハリを刺すときにチクッとするだけでほとんど痛みがありません。

下手の人は最初から最後まで痛いです。

上手な人は後が残らないけど、下手な人は青あざができます。

大きく膨れて痛く、見た目も悪くてショックです。

転職するなら看護師転職ランキング←こちらをご覧下さい。

採血の仕方にも看護師によって違いがあるので、できるだけ上手な人にやってもらいたいです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.being-cast.com All Rights Reserved.